プリザーブドフラワーを学ぶ

プリザーブドフラワーをよく知ろう

プリザーブドフラワーの保存方法と寿命

プリザーブドフラワーの保存方法と寿命 生花と違って枯れることのない花である美しいプリザーブドフラワー。
永遠の美しさと言われていますが、本当のところはどれくらいお花は品質を保つことができるのでしょうか。
値段が高めなものですから、いただいたら少しでも長持ちさせたいですよね。
プリザーブドフラワーは保存条件が良ければ10年近くは、その品質をうまく保つことができるとされています。
平均的な寿命としては二年から三年ほども言われますが、プリザーブドフラワーが苦手としている湿気に注意すれば長持ちさせられます。
梅雨の時期の保管には注意しましょう。
お花の周りに水を置いたり、水がかかったりすることもないように気を配ります。
保管する場合には湿気やほこりから守るためにケースなどに入れておくようにしましょう。
商品の中には最初から保管のことを考えてコンパクト上の小さなケースや、ドーム状の容器の中に入っているものもありますが、これならそのまま保管もしやすいですね。
ガラスの靴やワイヤーで編まれた籠の中に活けられているプリザーブドフラワーなら邪魔にならない程度に大きなガラスケースを用意してしまっておけば安心です。
日光の近くに置いて変色させないことも覚えておきましょう。

即日発送でも可能なプリザーブドフラワー

誕生日や記念日など遠方にいる友達へ贈り物をするのを忘れていて、もう前日だったいう経験のある人もいるのではないでしょうか。
記念日の贈り物はその日に渡すから意味があるのであって、遅れるわけにはいかないものです。
そんな時にはフラワーギフトを利用してみるといいでしょう。
フラワーギフトは希望に合わせて即日発送してくれるので、前日に気がついたとしても安心です。
市内など近い場所であれば当日でも花屋で配送してくれますが、近年では宅配便の普及により夏の暑い時期でも冷蔵便で送ることができるので花が枯れるということもありません。
フラワーギフトはさまざまな形にして贈られますが、近年人気があるのがプリザーブドフラワーです。
見た目は生花なのですが、じつは水をあげなくてもしばらくは美しく咲いているという花であり、水分を抜いて特殊な液体を吸わせて一本ずつ作られたものです。
プリザーブドフラワーは、好みに合わせてオーダーでも作ってもらうことができますが、あらかじめ店舗でアレンジメントにして作り置きをしていることも多く、すぐに送って欲しいという場合にも花を選んで花束にするという時間もかからずに即日発送をしてもらうことができます。

プリザーブドフラワーを頼んでみよう

ギフト向けに全アレンジはラッピングした状態で届けてくれます。

プリザーブドフラワーの通販サイト